バリからの訃報

今朝、母からのメールでとても悲しいお知らせが舞い込んできました。
バリに住んでいる友人が、先月の初旬、デング熱で他界したとのこと。
母も、米国在住の妹さんからの手紙で知ったそうです。
今の医学では、致死率も低いデング熱なのに、
一体なぜ彼女が?!??と、頭を駆け巡ります。

彼女の名前は鍋島真理さん。
音楽学者でバリ楽器の演奏家。
バリでは「バリ文化表現」活動のプロデューサーのご主人の補佐をしたり、
自らも、バリ音楽演奏会をプロデュースしていました。

真理ちゃんと初めて会ったのは、もう25年以上も前のことですが、
あの日のことは今も鮮明に覚えています。
eikoが小3で父の転勤でオーストラリアへ移住した際、
通うことになった小学校の6年生の教室で、初めて彼女に会いました。
はにかんだ笑顔で、日本語で「よろしくね。」と言ってくれました。

彼女の2歳下の妹さんは、いつもニコニコ笑顔だったのに対し、
彼女は、大人っぽい物静かなお姉さん!というのが、第一印象です。
でも、静かに微笑んだ表情がとても素敵な女性でした。

それは、昨年3月にバリで15年ぶりに再会した時も、
その後、昨年10月に妹さん家族を交えて東京のご自宅で会った時も、
つい最近、5月に銀座で彼女&お友達が立ち上げた
バリ雑貨のブランドお披露目会にかけつけた時も、
彼女は、昔と何一つ変わらない穏やかな笑顔で、私たちを迎えてくれました。

最初は、なぜバリ音楽なんだろうか・・・と理解できずにいましたが、
バリで25年ぶりに彼女に再会して、
この空気、人、文化・・・全てが彼女には合っていて、
身体の一部になったんだろう、と解った気がしていました。

これから色々やりたいことがある、と言っていた彼女。
志なかばでこの世を去ることになってしまっただけに、
彼女自身がとても残念に思っているのではないでしょうか。
私自身も、もっと彼女のバリ観に触れてみたいと思っていた矢先の訃報。
なにより、幼いころからの友人を亡くしたショックは、
自分自身でも計り知れないものがあります。

彼女の魂に触れにいくべく、バリの風に吹かれに行かねばです・・・。
[PR]

by eiko-olga | 2010-08-11 14:12 | life