カテゴリ:life( 9 )

その後の生活

eiko、4月に異動し、心機一転。
チビコ、デイリーで延長保育生活に突入。

家族3人、GWにロス&サンディエゴ9日間の旅へGO!!
b0178058_15502262.jpg

チビコ、初の10時間越えフライトも、難なくクリア♪
→L.A&SD旅行はいずれBLOGにUPします~

eiko、久しぶりの海外出張で、
チビコ初の4日間の母子分離も難なくクリア。
泣きもせず、グズりもせず、良い子にしていたもよう。

そんなチビコは、ママが沢山出張へ行ったら、
お腹に赤ちゃんが来る!と信じてお留守番を頑張っている・・・(マズイ)

そんな相変わらずのドタバタな日々ですが、いっこうに痩せる気配がないので、
会社デスクの椅子をバランスボールに交換してもらい、
セルフメンテとフルタイム勤務の両立!と称して、
効果が出るのを信じて、今日もバランスボールに乗りお仕事しております~。
[PR]

by eiko-olga | 2011-05-31 15:46 | life

東日本大震災にあたって

まずは、突然の地震と津波に命を落とされた
多くの方々のご冥福をお祈り致します。
また、被災された全ての方に心からお見舞い申し上げます。

地震、大津波といえば・・・
私自身は、2004年12月のスマトラ沖地震の際、
バンコクのホテルの33Fの部屋にいました。
「ひどくめまいがするから休むわ・・・」という母の発言に、
「実は私もめまいがしていたのよね・・・」と告白すると、
揺れているのは、私達ではなく建物ということに気づきました。

地震に見舞われることがほとんどないバンコクでは、
ホテルの人に地震の話を聞いても
「そんなことはないよ~何も変わってないよ~」を繰り返していたので、
終日母と2人で外出していました。

初めて悲惨な映像を目にしたのは、その日の夜。
国を越えて、数万人規模で被害が出ていることを知りました。
日本から遠く離れた東南アジアで起こった地震と津波。
図らずもその近くに居合わせたことで、一転して他人事ではなくなったです。

そして、2011年3月11日午後14時半。
今度はもっともっともっと身近な東北・福島の太平洋沿岸での地震と大津波。
友人のご実家や知人も多く住む東北の地。
90歳になる私の大伯母も南相馬市在住です。
幸い、近所の方に連れられて避難して難を逃れたようですが、
今も避難所生活を送っているようです。

同じ日本に住む多くの方々の命を奪った
今回の震災は、他人事ではありません。
私達が日々の生活で協力できることってなんでしょうか。
寄付や計画停電くらいでいいんでしょうか?
もっと何かできることってないんでしょうか・・・。

原発の爆発の影響も心配ですが、
直接被災していない地域の皆さんは、
とにかく冷静に、秩序ある日常生活を送りましょうね。

私達日本人は、「こんなにも悲惨な状況なのに、日本では略奪も暴動もない」
海外メディアからは、日本人の良識と秩序ある行動に驚きと共に敬意をもって称賛されています。

そんな素晴らしい国に生まれた日本国民の一員として、
日本人の持つ底力と団結を持って、
世界に模範となる行動を示して行きましょう。


そして、被災地の皆さんが、1日でも早く元の生活に戻れるよう、
1人1人が小さな努力と心配りをしていきたいものですね。
[PR]

by eiko-olga | 2011-03-17 11:40 | life

Spiceフリーク 第2弾♡♥♡

秋にNYから1年ぶりに帰国した友人のAKちゃんが遊びに来てくれました!
チビコと2ヶ月違いのAKちゃんJr.のS君は、チビコの彼氏★(と私が思っている)で、
2歳にして1年間の遠距離恋愛?を経て、
先日お互いをすっかり忘れた2人は、1年ぶりに再会(笑)

よく考えてみると、私とAKちゃんは、幼稚園~大学までずっと一緒!
しかも社会人になってからは、私の幼馴染みMとは会社同期で大の仲良し。
今もM、AKちゃん、私は同じお料理教室に通うなど、
恐らくAKちゃんは、人生で最も長く同じ環境で、
同じ空気を共有して友人の1人だと思われます。

そんなAKちゃんとは、育休中に最も沢山つるんでいて、
子供のお稽古も一緒に行ったりして、ママ友としても大の仲良しで、
今では、家族ぐるみでお付き合いさせて頂いています★

そんなAKちゃん、私とチビコに沢山のNY土産を携えて、
遊びに来てくれました♪
AKちゃんは、私のBLOGを読んで、私がSPICEフリークと知って、
SPICE&食べる系♪をセレクトしてくれました。

US本土在住者御用達のTrader Joe'sのSPICE & Anthropologiesのエプロンとミトンb0178058_1432216.jpgb0178058_1433243.jpg















これ以外にも、チビコにも可愛いカメ柄の厚手ビニールのエプロン、
Traders Joe'sのクッキーも頂きました♥♡

AKちゃん、いつも色々ありがとうね★
またいつでも遊びに来てくださいませ~
すっかり忘れた2人の溝を埋めなければっ!!
[PR]

by eiko-olga | 2011-01-27 14:12 | life

進化した七草がゆ

昨晩、成城石井に立ち寄った際に、
レジの脇にあった「七草がゆ」が目に止まりました。

そっかぁ~、明日は七草かぁ~と漠然と思うと同時に、
一応、「季節の行事はしっかり経験させないと!」という本能的な母心で、
内容をあまり良く見ずに、とりあえずそのレジ脇にあった良さげな「七草がゆ」をカゴに入れました。
そんな何気なく買ったこの「七草がゆ」、大成功でした!!
帰宅して改めてよく見ると、おかゆのレトルト七草のフリーズドライでした(爆)

b0178058_13191234.jpg


レトルトといえども、この商品、決して馬鹿にはできませんよ!
なんて言っても、おかゆは5分つきのコシヒカリ!!
七草は香りと味はちゃんと残っていて、少し塩味がついているので、
子供でも美味しく頂けます♪

デパ地下の野菜コーナーの七草のパックは、恐らく3~4人分作れる分量で650円。
このレトルトは、おかゆはコシヒカリ使用で、1人前で300円程度。
おかゆは好きですが、ワーキングマザーとしては、
朝から作って食べるのもちょっとしんどいので、
我が家では、このレトルトを3人で分けて食べました~(^^)v

これで十分、無病息災
今日の保育園のおやつは「七草がゆ」。
ちゃんと調理師さん手作りの七草かゆが出るんです♪
こんな他力本願&ずぼらな母を許してね~ふふっ♥

[PR]

by eiko-olga | 2011-01-07 13:23 | life

Ich bin 35 jahren alt...

I am 35 years old...
私は35歳です...

英語だろうと、ドイツ語だろうと、日本語だろうと、
四捨五入したら40!という現実は、免れられないわけで。

気付くと、春分の日のお休みは毎年動きますが、
秋分の日に関しては、ここ35年間9月23日から移動したことがありません。
「暑さ寒さも彼岸まで」・・・残暑と涼しさの狭間のそんな祝日に「私」は35年目に突入。

35歳
下から見ていた私には、
すっごくカッコイイ、しなやかな華のある大人な女性に映っていました。
ママさんであっても、なんでも卒なくこなすしなやかさを持ち合わせていて、
とにかく輝いている・・・・、そんなイメージでした。

ところが現実は・・・・
しなやかさとは程遠く、日々の仕事と育児と家事だけで1日が終わり、
疲れ果てて眠りについて、また次の日を迎える、そんなドタバタな生活。

30代半ばの節目の1年。
そういう漫然と生活している自分に気付いたので、
もう少し、「柔らか頭としなやか&smartな身のこなし」を目標に、
家族にも誇れる、そんな1年を過ごしたいと思います。


まずは・・・
①本(特にビジネス書、学術書)を読む習慣をつけて、脳にしわを増やす
②語学をちゃんと復活させる
③IT系の資格の受験勉強


このあたりから始めましょうか。
[PR]

by eiko-olga | 2010-09-29 14:25 | life

バリからの訃報

今朝、母からのメールでとても悲しいお知らせが舞い込んできました。
バリに住んでいる友人が、先月の初旬、デング熱で他界したとのこと。
母も、米国在住の妹さんからの手紙で知ったそうです。
今の医学では、致死率も低いデング熱なのに、
一体なぜ彼女が?!??と、頭を駆け巡ります。

彼女の名前は鍋島真理さん。
音楽学者でバリ楽器の演奏家。
バリでは「バリ文化表現」活動のプロデューサーのご主人の補佐をしたり、
自らも、バリ音楽演奏会をプロデュースしていました。

真理ちゃんと初めて会ったのは、もう25年以上も前のことですが、
あの日のことは今も鮮明に覚えています。
eikoが小3で父の転勤でオーストラリアへ移住した際、
通うことになった小学校の6年生の教室で、初めて彼女に会いました。
はにかんだ笑顔で、日本語で「よろしくね。」と言ってくれました。

彼女の2歳下の妹さんは、いつもニコニコ笑顔だったのに対し、
彼女は、大人っぽい物静かなお姉さん!というのが、第一印象です。
でも、静かに微笑んだ表情がとても素敵な女性でした。

それは、昨年3月にバリで15年ぶりに再会した時も、
その後、昨年10月に妹さん家族を交えて東京のご自宅で会った時も、
つい最近、5月に銀座で彼女&お友達が立ち上げた
バリ雑貨のブランドお披露目会にかけつけた時も、
彼女は、昔と何一つ変わらない穏やかな笑顔で、私たちを迎えてくれました。

最初は、なぜバリ音楽なんだろうか・・・と理解できずにいましたが、
バリで25年ぶりに彼女に再会して、
この空気、人、文化・・・全てが彼女には合っていて、
身体の一部になったんだろう、と解った気がしていました。

これから色々やりたいことがある、と言っていた彼女。
志なかばでこの世を去ることになってしまっただけに、
彼女自身がとても残念に思っているのではないでしょうか。
私自身も、もっと彼女のバリ観に触れてみたいと思っていた矢先の訃報。
なにより、幼いころからの友人を亡くしたショックは、
自分自身でも計り知れないものがあります。

彼女の魂に触れにいくべく、バリの風に吹かれに行かねばです・・・。
[PR]

by eiko-olga | 2010-08-11 14:12 | life

渾身のビーフシチュー

先日、eikoが久々の会心作♪と思っていた
「チキンとキャベツのワイン煮入り豆乳シチュー」を、
「食後、お鍋ごと冷蔵庫に入れてね~」と何度も頼んでおいて先に寝たら、
一晩コンロに放置して、3人前のシチューをボツにしかけました。

「つまるところ、自分で作った料理じゃないし、
その有難みと、平日食事作りなぞしないから、
仕事後子供を迎えに行って、台所で一緒に遊びたがるわが子を横目に
夕飯準備する大変さが全く解ってないから、こういうことになるんだ!!!」と、
eikoに怒られ深く反省したダンナ。

「今週末はご飯作るから!!!」と高らかに宣言し、
作ってくれたのが、赤ワインで煮込んだビーフシチュー。

17時半時点で、「材料ないから買いに行く」と、
典型的なオトコ料理発言をしていましたが、
まあそこは何とか冷蔵庫にあったもので回避してもらい、
19時半に完成♪♪

b0178058_1032630.jpg


チビコも「う~ん、とっても美味しいですっ★★」と大満足。
赤ワインと野菜&お肉のエキスだけで煮込んであるので、
ライスより、パンがよく合う大人な味に仕上がっていました♪
[PR]

by eiko-olga | 2010-08-01 10:32 | life

CREA Traveller 5月号



華麗にハワイ。
今年は行くアテは全然ないけど、やっぱり買ってしまった…(苦笑)

b0178058_13233242.jpg




ハワイもさることながら、
気になるのが、隅っこに書いてある、「中国・杭州の旅」

ふふっ、今年ではないんだけど、杭州は行くアテがあるんですよね~♪
来年あたりに、10年ぶりの中国大陸旅行を考えてまして。

いまや杭州には、西湖の湖畔に超大型のHyatt Regencyも建ったし、
最近Banyan Tree杭州やアマンリゾートのamanfuyunもできたそうで。

ええーーーー、中国なのにこの値段!???
ってことなのは重々承知しておりますが・・・
せめてお食事だけでも・・・・

超・超・超ーーーーーーーーー気になるぅ!!!!

15年前に行った時は、中国資本のホテルしかなかったのになぁ。
杭州も変わったものよねぇー。
これは、再訪の価値ありそう♪
[PR]

by eiko-olga | 2010-03-22 23:14 | life

カルディファーム my love !!

カルディファーム

ある意味、私にとっては当たり前のお話。
むしろ徒歩圏にカルディのない生活なぞ、
てんで過ごしたことがなかったはずなのに、
結婚して、実家を離れると、
逆に全くご縁のない生活が続いておりまして・・・(泣)

実家に帰ると、まず近所のカルディへ行き、
De Ceccoのパスタやイタリアン食材。
オージーeikoの小さい頃から常食のおやつ、TIM TUM
エスニック系の調味料
コーヒー豆 ・・・

と、てんこ盛りに買出ししていました~。

それが、こんど自宅の近所にできるんだそう♪♪
情報通の保育園ママ友さんが、教えてくれました★

噂では、成城石井もできるとか!?
出来たらそりゃあ嬉しいけど、ぶっちゃけカルディで十分な気も・・・(苦笑)
[PR]

by eiko-olga | 2010-02-08 23:19 | life