チビコ Singapore zoo へゆく♪

日本在住ながらにして、
動物園デビューはシンガポール動物園という、
なんともグローバルな星に生まれたチビコさん。

過去の動物園歴・・・
シンガポール動物園旭山動物園→井の頭動物園(これは超ローカル!)
                                  →シンガポール動物園(2回目)
・・・上野や多摩をすっ飛ばして、かなりコアな動物園めぐりをしております(^^;)


b0178058_11141811.jpg


さて、1年半ぶりの来訪となるシンガポール動物園ですが、
チビコ的には、まーーーーったく覚えていなかったご様子。
まあそりゃ、そうだわね・・・(汗)

前回は数時間で撤収しましたが、今回は大の仲良しのCちゃんも一緒だったし、
子供たちにとっては、この旅行のハイライトイベントでもあります!
動物園で、スバラシイ乗り物をGETし、図らずもkids2人はカート移動ということで、
後半がグズグズしがちな子供たちも、半日たっぷり遊べました♪
      
  Many Thanks to Papa's
b0178058_11173276.jpg


お友達と一緒なら、暑さも大きな動物もヘッチャラ!
今回は念願だった象にも乗れて(さすがに泣いてましたが・・・)、本人は大満足!
ちょっとコワモテな動物達や頭上のチンパンジーにも、「お~い!!」と声をかけたりと、
とても楽しそうにしていました♪


                    We love Aminals!
b0178058_11143385.jpgb0178058_11144548.jpg



















                  Look! He saw me!!
b0178058_11501318.jpgb0178058_11504353.jpg





















帰りのタクシーに乗った瞬間に、2人のKidsが寝こけたのは言うまでもありません~

動物園と美味しい中華で決まった、今回のシンガポール旅行。
2人が満足してくれれば、親としてもうれしい限りです。
[PR]

# by eiko-olga | 2010-08-12 11:32 | trip

バリからの訃報

今朝、母からのメールでとても悲しいお知らせが舞い込んできました。
バリに住んでいる友人が、先月の初旬、デング熱で他界したとのこと。
母も、米国在住の妹さんからの手紙で知ったそうです。
今の医学では、致死率も低いデング熱なのに、
一体なぜ彼女が?!??と、頭を駆け巡ります。

彼女の名前は鍋島真理さん。
音楽学者でバリ楽器の演奏家。
バリでは「バリ文化表現」活動のプロデューサーのご主人の補佐をしたり、
自らも、バリ音楽演奏会をプロデュースしていました。

真理ちゃんと初めて会ったのは、もう25年以上も前のことですが、
あの日のことは今も鮮明に覚えています。
eikoが小3で父の転勤でオーストラリアへ移住した際、
通うことになった小学校の6年生の教室で、初めて彼女に会いました。
はにかんだ笑顔で、日本語で「よろしくね。」と言ってくれました。

彼女の2歳下の妹さんは、いつもニコニコ笑顔だったのに対し、
彼女は、大人っぽい物静かなお姉さん!というのが、第一印象です。
でも、静かに微笑んだ表情がとても素敵な女性でした。

それは、昨年3月にバリで15年ぶりに再会した時も、
その後、昨年10月に妹さん家族を交えて東京のご自宅で会った時も、
つい最近、5月に銀座で彼女&お友達が立ち上げた
バリ雑貨のブランドお披露目会にかけつけた時も、
彼女は、昔と何一つ変わらない穏やかな笑顔で、私たちを迎えてくれました。

最初は、なぜバリ音楽なんだろうか・・・と理解できずにいましたが、
バリで25年ぶりに彼女に再会して、
この空気、人、文化・・・全てが彼女には合っていて、
身体の一部になったんだろう、と解った気がしていました。

これから色々やりたいことがある、と言っていた彼女。
志なかばでこの世を去ることになってしまっただけに、
彼女自身がとても残念に思っているのではないでしょうか。
私自身も、もっと彼女のバリ観に触れてみたいと思っていた矢先の訃報。
なにより、幼いころからの友人を亡くしたショックは、
自分自身でも計り知れないものがあります。

彼女の魂に触れにいくべく、バリの風に吹かれに行かねばです・・・。
[PR]

# by eiko-olga | 2010-08-11 14:12 | life

Toshi Yoroizukaの世界

何をきっかけに知ったのか、すっかり忘れましたが、
自宅でネットサーフィンしていたら・・・

Toshi Yoroizuka Atelier
自宅から車で5分のところにオープンしていることが判明♪
しかも、20時まで営業とは嬉しい限り。

早速、買い物に出たついでも寄ってみました~(^^)v
ミッドタウンや恵比寿のお店は、入店するまでに大行列なのに、
アトリエは立地柄?すんなり入れました♪

レジの店員さんに「行列せずに入れてうれしい」と言ったら、
店員さんのプライドを大いに傷つけたのか・・・
「ミッドタウンほどではありませんが、時間帯やイベントの時はもちろん行列ですよ!」
と、ちょっとムっとした表情で言われてしまいました・・・。
まあ、そりゃあそうでしょうけれど、そういう言い方しなくてもいいんじゃない?と思ってしまいます。
超有名店なだけに「お高く止まっている」ように取られちゃうと思いますけどね・・・f(^^;)
まあ、庶民の戯言ですが。

b0178058_11572194.jpg


チビコ用に買ったシュークリームですが、味見をさせてもらうと、
今まで食べたシュークリームの中で一番美味しい気がします~特にシュー生地が。

ディテールのキメの細かさ、ビジュアルはさすが!!
アトリエ限定のサレのチーズタルトも美味しかったし、
「たった今、作りたてなんですよ~」の一言で決めた
マンゴーのタルトも、大正解!!
ピスタッチオ系のスウィーツが多くて、
ピスタッチオ好きにはたまらないです。

お店の近隣には車を停められないので、
あいにく助手席DAYの日にしか買いに行かれませんが、
まあ、それくらいのハードルがあった方が、私にはいいかもしれません~
[PR]

# by eiko-olga | 2010-08-09 11:59 | gourmet

絵本&お歌大好きチビコさんのオススメ♪

チビコは絵本と歌が大好き♪♪
とはいっても、母に「読んで~!!歌って~!!」とせがむというより、
自分でみんなに読み聞かせたい!1人で歌って聞かせたい!
ワンマンショータイプ(苦笑)

①はらぺこあおむし

b0178058_1445475.jpgb0178058_14464711.jpg







ちょっと前までチビコの保育園でブームだったのが、
チビッコのバイブル「はらぺこあおむし」
でも、絵本だけじゃなくて、今は「歌」もあるんです!!
はらぺこあうむしの歌は、絵本の文章がそのまま歌詞になっているので、
歌いながら読み聞かせができるようになっています。
どんな歌か知りたい方はYoutubeで探すと出てきますよ!

②わたしのワンピース

b0178058_14395475.jpg


うさぎさん着た白いワンピースが、色々な景色の色に染まっていくお話。
これも昔からある絵本ですよね。
普段、自宅ではあまり絵本を読んでいないのですが、
最近チビコが適当チラシの束をもってきて「わたしのワンピース」と言って、
何度かひとり紙芝居をやっていました。
あいにく、セリフは宇宙語が混じり気味で、「◎×△は***といいました!」ばかりが繰り返されるので、
何を言ってるのかさっぱり解らず、聞いていましたが、
先日、図書館に行った時に、絵本コーナーで、「わたしのワンピース、あったよ!!」と、
チビコがうれしそうに持ってきたので、「なるほど・・・そういうことね」と解った顛末。
普段、いかに育児してないか・・・子供と向き合ってないか・・・ちょい反省

③おばけのてんぷら

b0178058_14401960.jpg


これも図書館で背表紙を見ただけで、チビコが解った絵本でした。
チビコが持ってきたので、読み聞かせていたら、
当の本人は、他のことに目移りして脱走しかけていましたが、
図らずも、周りには小さなお友達が数名集まってきていて、
まっすぐな目で私の読み聞かせを聞いていたので、さすがにやめられず(^^;)

それにしても、この記憶力をみると、
保育園では熱心に先生の読み聞かせに耳を聴いているようなのでいいのですが、
作業中や読み聞かせ中に脱走しようとするこの集中力のなさ・・・一体どうしましょうか。
eiko母に相談したら、「それはあなたと同じ!じっとお椅子に座ってられなくてホント苦労したわよ!!」とのこと。
こういうところは、完全に母親に似てしまったようです(泣)

3歳児ってこんなもの?
いやいや・・・(汗)
大好きだったらずっとのめりこむ3歳児も沢山いる中で、
この落ち着きのなさ、集中力のなさ、少し訓練した方がいいですよね~
同級生のみなさま、ぜひアドバイスを頂きたく!!!
[PR]

# by eiko-olga | 2010-08-03 14:49 | チビコ

渾身のビーフシチュー

先日、eikoが久々の会心作♪と思っていた
「チキンとキャベツのワイン煮入り豆乳シチュー」を、
「食後、お鍋ごと冷蔵庫に入れてね~」と何度も頼んでおいて先に寝たら、
一晩コンロに放置して、3人前のシチューをボツにしかけました。

「つまるところ、自分で作った料理じゃないし、
その有難みと、平日食事作りなぞしないから、
仕事後子供を迎えに行って、台所で一緒に遊びたがるわが子を横目に
夕飯準備する大変さが全く解ってないから、こういうことになるんだ!!!」と、
eikoに怒られ深く反省したダンナ。

「今週末はご飯作るから!!!」と高らかに宣言し、
作ってくれたのが、赤ワインで煮込んだビーフシチュー。

17時半時点で、「材料ないから買いに行く」と、
典型的なオトコ料理発言をしていましたが、
まあそこは何とか冷蔵庫にあったもので回避してもらい、
19時半に完成♪♪

b0178058_1032630.jpg


チビコも「う~ん、とっても美味しいですっ★★」と大満足。
赤ワインと野菜&お肉のエキスだけで煮込んであるので、
ライスより、パンがよく合う大人な味に仕上がっていました♪
[PR]

# by eiko-olga | 2010-08-01 10:32 | life

シンガポールでWeekend Buffet を♪

シンガポール旅行の掟 その壱
「週末を挟んで滞在すべし!」


シンガポール滞在に週末を絡めると・・・
①航空券が安い
②宿泊費が安いケースが多い
③主要ホテルではWeekend Buffet & Brunch を開催

といったお得なことが多いのです♪
もちろん、我々もその掟に従い、今回も週末を利用して渡星しました!!

さて、本題・・・
シンガポールでの第1食目。早くもこの旅行のハイライトでです★
Jiang Nan chun@Four Seasons Hotel のWeekend Brunch


b0178058_1713028.jpgb0178058_17131622.jpgb0178058_1713306.jpgb0178058_17134277.jpg
b0178058_17141274.jpg














こちらのWeekend Brunchは、着席の食べ放題スタイル♪♪ 
北京ダック、ふかひれメニューは、残念ながら(笑)1人前ずつですが、
中国茶+フルーツジュース飲み放題+ハイクオリティのスバラシイ品々が、
納得いくまで、好きなだけ食べられます!!
そして、家族連れのお財布には嬉しい、子供は3歳以下は無料!
ちなみに、お値段は、ビール1杯頼んで、大人1人S$60ドル(≒3800円)くらいです。

ちなみに、Four Seasons Hotel の江南春(Jiang Nan Chun)の場合、
土曜日は11時半~14時半、日曜日は11時~13時/13時半~15時の2部制になっています。
土曜日深夜に到着した私たちは、ゆっくり寝たかったので日曜日の2部に臨みましたが、
のんびりできる土曜日と日曜日第1部がオススメです★
食事だけではなく、豊富なデザートまで平らげ、ラストオーダーで終了!
食欲だけで時間を過ごせる大人に対し、
満腹になると食事に飽きてきた子供たちでしたが・・・(^^;)、
weekend Brunch利用客向けのキッズルームで、
特設トランポリン、イベント、おもちゃ、TV、お菓子、フルーツまで用意されているおかげで
親子共々、充実した午後でした★

食後にOrchardでお買いもの歩きをするものの、
やはり夕飯は軽めにせざるをえませんでした(笑)

まぼろしの?Tiger Beer ClassicwをGETする方法!はコチラから♪
[PR]

# by eiko-olga | 2010-07-29 17:16 | trip

シンガポール Go!Go! 


eiko Familyの夏休み★第1弾 in Singapore ♪


b0178058_13314278.jpg



ここで改めてeikoの渡★歴を振り返りますと・・・
①1989年4月(家族旅行)
②2006年1~4月(会社の海外研修)
この時の様子はこちらから
③2006年9月 (プーケット+シンガポール)
④2009年3月 (バリ+シンガポール)
⑤2010年7月 (シンガポール)


こうやってみると、この5年間で4回。ほぼ年1回ペースですね…(^^;)

同じ国にこれだけ行くのは、実家がドイツにあった時以来でしょうか。
あの時は大学生でヒマだったこともあり、「帰省」と称して、
最低でも年2回(×2ヶ月)は渡独してましたからね。
ある時、年末年始&2月と立て続けに帰省していたら、
父の会社のご夫人から「あらeikoちゃん、また来たの?」と言われてしまいました(苦笑)
まあそれだけ足繁く実家に帰っていた理由は、
今は亡き愛犬olgaに会いたかったから…なんですが。

さて、話を旅行に戻しまして…
eikoがシンガポールが大好きな理由:
①買い物ができて、②美味しいもの食べられて、③現地での移動が楽&安くて、
④意思疎通に不自由なく、⑤清潔で、⑥安全で、⑦時差ボケがなくて、⑧適度なフライト時間
と、諸条件が揃っているからでしょうね。
個人的には、永住権がほしいくらいです。

あと、何より子連れに本当にやさしい国なんです★★
子供が騒いでいても、日本のような冷た~い目線は皆無。
みんな微笑ましいわ~という表情で見てくれるし、
むしろ怒っている大人の方を見て怪訝な顔されます。
子供お断り!!のレストランはほとんどありません。
NGの場合はちゃんとその旨言われたり、書いてあったりします。

さて、今回渡★した経緯ですが、実は、念入りに前から計画していたものではなく、
先月にRosyちゃん一家と「今年の夏休みどうする?」の相談していた流れで、急遽決定しました♪

「おいしい中華食べたいね~」
 ↓
「じゃあ台湾or香港にでも行く?」
 ↓
「近いくせに意外と旅費がかかるわ…。国内にする?」

すると、背後から「動物園にいきたい!!!!」というチビコ達の声が…
 ↓
「じゃあ、シンガポール行く!?」by eiko で決定♪

そうなると、俄然張り切って、マイレージやら格安航空券やら会社の福利厚生などを駆使して、
いかに安くいくか、そしてオイシク行くか、日々最新情報をチェックして、
出発の日を迎えることとなりました~。

チビコにとっても、動物園デビューした思い出の地?に、
約1年半ぶりにさあ出発!!

b0178058_1362154.jpg

[PR]

# by eiko-olga | 2010-07-29 12:48 | trip